本当に効果のあるペニス増大サプリ

本当に効果のあるペニス増大サプリ

日本人はペニスのサイズにコンプレックスを持っている人が多いと言われています。

以前は「ペニスのサイズは生まれつき決められているもの」というのが定説でしたが、最新の科学ではペニス増大が十分可能であるということがわかっているので、ペニスのサイズに悩む男性は必見です。

アダルト関連グッズの中でも「ペニス増大系サプリメント」はヒット商品としてネットでも話題を集めています。事実、検索してみると数多くの増大サプリがヒットしますが、これだけあるとどれを選んでいいのかわからなくなりそうですね。

そこで、管理人も使用して効果のあった増大サプリのヒット商品をいくつかピックアップし、コンプレックスを抱えている人のためにペニスを大きくする方法などを合わせて紹介していきたいと思います。

ペニス増大サプリ人気ランキング

まずは、おすすめの増大サプリを紹介しましょう。ペニス増大サプリ、と聞くと不信に思う人がいるかもしれませんが、実際のところ今回紹介する増大サプリも健康への悪影響がほとんどないものばかりです。

紹介する商品は、いずれもアメリカで開発・製造を行っている効果の高いものを選びました。

アメリカは健康面では先進国と呼ばれおり、サプリメントは医薬品同様にFDA(アメリカ食品医薬品局)が管轄し、且つGMP(適正製造規範)の認定を取得している工場で生産しています。また、主な成分は天然由来のものであり、健康食品としても多く愛用されていることから安全性や効果の面でも問題ありません。

1位 ビリリティピルズ…健康増進効果にも優れた人気増大サプリ

ビリリティピルズ
「ビリリティピルズ」の主成分はヨヒンベ、ムイラプアマ、高麗人参など日本でもおなじみの生薬が中心なので日本人の体質にも合うと思われますし、製造・販売は数々の医薬品やサプリメントを開発してきたアメリカの製薬メーカー「アイファイブ社」なので品質的な問題は心配ありません。

おもな効果は「ペニス増大」、「硬度アップ」、「持続力のアップ」、「感度アップ」などですが、内容成分が食品由来なので健康増進にも役立ちます。特に勃ち具合が気になりだす40代以降の男性にはおすすめの増大サプリです。

日本ではまだ承認されていませんが、輸入医薬品やサプリメントを取り扱う輸入代行業者のサイトや通販サイトから購入することができます。

医薬品とは異なり、厳密な飲み方はありませんが、「ペニスの硬度向上」、「勃起の継続力向上」、「性的な感度の向上」などの効果からみてセックスの1時間ぐらい前に飲むのが良いでしょう。健康増進目的ならば1日の摂取目安を超えない範囲で毎日飲み続けても大丈夫です。

ビリリティピルズは、アメリカで開発された増大系サプリであり、アメリカのサプリメントに関する安全基準はFDA(アメリカ食品医薬品局)が管轄していて、日本よりも厳しい基準が設けられていると言われています。

ビリリティピルズでペニス増大した人の声

Left Caption

NOT
(45歳)

バイアグラを使って気分が悪くなったことがあるので、ED治療薬でない勃起改善薬を探していました。ビリリティピルズは栄養素の力でペニスを強化するので、安心して飲めるのがうれしいですね。肝心の勃起も徐々にしやすくなってきた実感があります。
Left Caption

鶴瓶の一声
(38歳)

バイアグラやシアリスのような血管を広げる効果のあるED薬と違い、栄養素の効果で血流を良くして勃起力を高めるため、健康面への心配が少ないのが大きい。安心して使用できるのは大きなメリットである。
Left Caption

村田
(41歳)

いつもと違うと気付いたのは妻でした。確かに言われてみるといつもより立派になっていて、ビックリ!(笑)欲を言えばもう少し大きくなるといいなぁー!

2位  ビリリティパッチRX…シールタイプでお手軽

ビリリティピルズ

ビリリティパッチRXは、従来のサプリメントとは異なりシールタイプのサプリメントで、体に直接張り有効成分を吸収します。

含有成分が多岐にわたり、様々な食品由来の勃起力アップ成分や血流増加成分、媚薬成分が豊富に含まれています。経口タイプの薬が飲みづらいと感じる人や他の薬との相互的な働きが気になる人、またバイアグラなどのED治療薬の服用が難しい人に特におすすめです。

ヨヒンべ、ムイラプアマ、ダミアナ、大豆たんぱく質、イチョウ、ハマビシ、高麗人参などの有効成分が配合されています。これによりED治療の薬と同じようにペニス海綿体への血流の量を増加させる働きにより、力強い勃起にすることができます。

3日に1回張りかえるだけという手軽さが支持され、食事やアルコールの制限がない点が特徴です。

天然由来成分でできているので、かぶれなどの皮膚トラブルの心配も比較的少なく、安心して使用できます。使う時は清潔にした皮膚に、パッチを1枚貼付してください。顔や性器等、デリケートな部分への貼付は避けてください。貼付箇所を変えることにより効果が上がります。

ビリリティパッチEXでペニス増大した人の声

Left Caption

コンプレックスマン
(30歳)

カラダに貼るだけだから、バレにくい!小さいのがコンプレックスでしたが、自信が付いてきましたよ!
Left Caption

ズン
(39歳)

パッチタイプなので気軽に使えて良いです。飲み薬よりも効果を感じられました。かぶれも肩に貼ることで問題なく使用できています。

3位  メガマックスウルトラ…返金制度もあるので安心

ビリリティピルズ
「メガマックスウルトラ」は国産メーカーの増大サプリです。血流を増加させ筋肉量を増やすアミノ酸の「L-シトルリン」や「トリビュラス」をはじめとしてガラナエキス、カツアバ、フコキサンチン、ムイラプアマ、亜鉛、アルギニンなど製薬会社も使っている強壮成分が贅沢に配合されています。

この商品は主にアダルトサイトなどで広告がうたれているので、効果・効能については疑問視する意見も多いのですが、「メガマックスウルトラ」なら返金保証制度があるので安心です。この制度は初回注文限定で商品到着後30日以内ならば返品・返金に応じるという制度です。

これも効果に自信があるからこそできる制度なので、ユーザーレビューの信ぴょう性は高いと言えるでしょう。

ただし、増大系サプリには即効タイプと継続服用タイプがありますが、「メガマックスウルトラ」は持続服用が推奨されているタイプです。

筋トレやプロティンドリンクと同様、飲んでセックスやオナニーなどのチントレを続けて初めて効果が実感できるタイプのサプリメントで、メーカーの公称でも4ヶ月以上の服用がすすめられています。製造はアメリカにあるSAPPHIREHEALTHCARE社が担当し、成分も主に健康先進国アメリカで調達しているので安心です

メガマックスウルトラでペニス増大した人の声

Left Caption

サンドイッチ
(41歳)

最近エッチに興味無くなってきて、自分でもやばさを感じていたけど。飲み始めてからは10代に戻ったみたい!
Left Caption

くまだ
(36歳)

彼女を喜ばせたくて購入(笑)いつもより大きく硬くなっている僕のムスコに、案の定彼女は大喜びでした!もちろん、夜のほうは盛り上がりまくりました
Left Caption

アラジン
(29歳)

結構平均的なサイズなのが嫌で、試してみました。そこまで変わらないかと思ったのですが、太さも長さもかなりいい感じになったので最高です!

4位 メガマックスプロ…欧米並みのサイズにしたいならコレ

メガマックスプロ
「メガマックスウルトラ」の姉妹品が「メガマックスプロ」です。

配合成分はシトルリン、ダミアナ、ムイラプアマ、アルギニンと強壮・増大系成分も高濃度で配合されています。毎日摂取しても大丈夫なアメリカのSAPPHIREHEALTHCARE社製なので安心です。また、ペニスの増大効果に満足できない場合は、代金の返金保証制度があるので安心して購入することができます。

ペニスを欧米サイズにしたければこの増大サプリがおススメです。これがあれば「もう他の増大サプリには戻れない」や「ペニスが欧米化した」という人たちの評判も多くあるようです。

ではペニスの欧米化を実現するための「めぐりアッププログラム」を紹介しましょう。ペニスの増大にはなんといっても血流が欠かせません。この血流をアップさせるための成分が凝縮されているのですが、第一段階は精力的なエネルギーをチャージするための期間でおよそ3~6ヶ月かかります。

この期間でも妙にムラムラしてきたり、ペニスの感度がよくなるなどの効果を実感できる人が多いので継続をあきらめないでください。

その後7~12ヶ月目と結構期間がかかりますが、ペニスのどっしりとした感じがアップする時期であり、サプリを飲んでセックスに自信が出てきたらどんどん射精をしてペニスが鍛えられ筋力がアップしてくるからです。

その後もそのサイズ感をキープするために、毎日摂取することをおすすめします。

メガマックスプロでペニス増大した人の声

Left Caption

take
(46歳)

若い頃に比べて元気がなくなってきたなあと思い、購入してみました。最初は、カプセルが少し大きくて飲みにくいなとは思いましたが、毎日飲んでるうちに慣れました。最近では20代の頃の元気さを取り戻してきています。笑
Left Caption

タナカ
(26歳)

そんなばかなと思いながらも半年以上飲み続けてみました。自分ではあまり変化がわからなかったのですが、彼女にサイズアップしたと言われて、めちゃくちゃ嬉しいです!引き続き飲み続けたら、と思うと楽しみです(笑)
Left Caption

かちん
(36歳)

長さの変化は変わりませんが、太さの効果は実感できました。血流がよくなっているような感覚です。相手も満足していたので良かったです。

5位  スぺマン…不妊改善効果も期待できる

スぺマン
スペマンは、天然成分100%配合で体にやさしく、健康的に男性ホルモンの活性化に貢献します。

数ヶ月間継続服用することで、精液の増量や精子を活発で良質な状態へ改善が見込め、男性の不妊治療の効果に期待ができます。また、ED改善にも効果があり、ED治療薬の代用品としても使用できるEDサプリメントですし、体内で生成される精子の増量や性欲の増進効果が期待できるサプリメントです。

インドの伝統医学「アーユルヴェーダの根本理論」において媚薬、精力増強剤、催淫剤に利用されている有効成分を含んでいます。精液を増量、精子の活性化させ健康的な状態へと導き、射精時の快感を増す効果が得られます。

天然成分のみを使用しているため、体に負担をかけることなく、パートナーとよりよいナイトライフを過ごせるでしょう。できるだけ毎日決まった時間に飲むようにすることで、身体に馴染み効果に期待がもてます。

3ヵ月から半年程度の継続服用を推奨いたします個人差はありますが、長く飲み続けることで、男性機能が徐々に向上し、性欲増強・勃起力強化や精子量増加の効能効果を発揮します。

スぺマンでペニス増大した人の声

Left Caption

タイキ (35歳)

大きくなるし量は増えるしで、気分がウハウハです!私のすすめで使った友達も効果があったようなので、本当にすごいと思います!
Left Caption

シーラカンス (36歳)

妻と妊活に励んでいる最中で、「他にも何かないかな?」と、探していたら、スペマンを見つけました。サプリメントという事で、しばらく飲んでみましたが、心なしか大きくなってる気がします。精子の量が増えてくれれば、確率がアップすると思うので、妻と二人三脚で頑張ります!
Left Caption

ちのまん (40歳)

すこーしだけ大きくなったかな…?まぁすぐに簡単に大きくなったら悩んでいる人なんていないと思うので(笑)積極的に続けていきたいです。

ペニス増大サプリは通販で格安購入

一般的な増大サプリは薬局やドラッグストア、あるいはアダルトショップなどでも取り扱いがありますが、なんといっても通販で購入するのが楽でお手軽です。

  1. 誰にも知られず購入したい。
  2. 日本では未販売のアメリカ製ペニス増大サプリを購入したい。
  3. 最も効果のあるとされるものを購入して実際に体感したい。

こんな人には、海外の増大系サプリメーカーのオンラインショップや個人輸入代行業者のサイト経由で購入するのが一番です。

国産メーカーの増大サプリであるメガマックスウルトラなどは、メーカーの直販サイトだと買いすることで割引を受けられたり返金システムなどもあるので、一般のネット通販や代理店から購入するよりもお得な場合があります。

またサプリは医薬品と違い数カ月単位で飲むことで効果を得られるので、まとめ買いがお得です。通販サイトによっては定期購入コースで割引されることもあるので、さらにお得に入手するなら要チェックです。一般的な傾向として、ドラッグストアやアダルトショップで購入するよりも個人輸入代行業者や国内メーカーの直販サイトの方が安く購入できます。

安全にペニス増大サプリを買う方法

現在でもインターネットで販売されている医薬品の40.0%は偽物と考えられており、増大サプリメントを購入している男性の30パーセントはインターネットでの購入との結果が出ているため少なからず偽物を手にしている人がいるのが事実です。

特に海外製のサプリメントは毎年何百万件もの偽造品が押収され、その偽造品には本来の成分以外の有害物質が含まれていることがわかっています。

ひどいものだと覚せい剤が含まれていたケースもあり、健康に大きな害を及ぼしてきた報告もされています。

もし十分に調べることなく購入すると偽物を取り扱っているサイトの場合があり、偽物だと健康被害が出てしまう恐れがあるだけでは、それによって生じた被害に対する補償は一切つきません。

では悪質な業者に騙されずに増大サプリメントを入手するにはどうしたらいいのでしょうか?まず、個人輸入により医薬品やサプリメントを購入するには「正規品」のものを購入できる信頼のある通販サイトを見極める必要があります。

そのため注意深く選ぶことが重要ですので、サイト運営がしっかりしている「正規品の取り扱い」を提示している大手の正規品保障サイトを選ぶようにしてください。

ペニス増大サプリを海外通販で買うメリット

海外通販は、リーズナブルに購入できるところが人気で多くの男性から利用されています。

メリットとしては、

  1. 日本では売っていないサプリが買える
  2. まとめ買いできる
  3. 安く手に入る場合がある
  4. 梱包が厳重なので、誰にも知られず買える

などがあり、ペニスのサイズに悩んでいる人の多くが海外通販で増大サプリメントを購入したことがあると言われています。

個人輸入の場合は、自分が利用する目的のために決まった範囲の量なら税関の確認だけで購入できますが、他の人への転売や譲渡は違反行為になりますので注意してください。あくまでも、自分が使うために分を買うために海外通販サイトを利用しましょう。

ペニスの大きさを今より1mmでも大きくする方法

しかし、陰茎サイズにコンプレックスを持ったところでサイズアップする方法ってあるのでしょうか?その答えはズバリ!「あります」。

以前は陰茎のサイズは生まれつき固有のものと考えられてきました。確かに遺伝による要素もありますが、陰茎も筋肉組織です。筋トレをすると筋肉が太く大きくなり、そのサポートとしてプロティンドリンクを飲むとさらに効率良くサイズアップできるのと同様に陰茎もやりようによってはサイズアップが十分可能なのです。

そこでこのパートでは「今より陰茎を1ミリでも大きくする方法」をいくつか“具体的”に紹介していきたいと思います。

サプリメントを飲む

前のパートでも説明している通り、陰茎も筋肉組織なのでトレーニングをすれば筋肉は太く大きくなります。その具体的な方法はまた後述しますが、筋トレにプロティンドリンクを組み合わせると増大効果が増すのと同じ理屈で、増大サプリメントを飲めば増大する効果が十分見込めます。

陰茎増大系サプリメントには筋肉細胞を活性化させるアルギニンや血流を改善させ成長因子を活発にするシトルリンなどが主成分として配合されています。また気分の高揚を促すカフェインやガラナエキス、マカエキス、亜鉛なども含まれていて、セックスやオナニーなどの性行為に対して前向きな気分にさせてくれるので、陰茎が自然と鍛えられて大きくなっていくのです。

商品の特性上、アダルトグッズのカテゴリーなので眉唾モノが多いと思われがちですが、製薬会社と共同で開発され、GMPを取得した国内工場で生産されているなど真面目な商品の方が圧倒的に多く、成分もほとんど食品や生薬やハーブ由来のものが多いので、安全性にも問題ありません。

サプリメントは食品なので薬と違い副作用のリスクも低く、さらに1日の摂取目安量を守っていればいつ飲んでも構わないので導入が楽だというメリットがあります。

サイズアップジェル

飲むのではなく、塗ることで有効成分を皮膚から吸収させ、陰茎の血流をアップさせるのがサイズアップジェルやサイズアップクリームで、サプリメントよりも安く手に入れることができ、副作用などの害もほとんどありません。

セックスやオナニーの時に滑りを良くするローションの代用品や、トレーニングの時に併用することでマッサージ効果も得やすいというメリットがあります。またお風呂でも使えるので、家族に知られることなく使うことも可能な点もメリットといえるでしょう。

内容成分はサプリメントと同じように、「シトルリン」、「アルギニン」、「オルチニン」に加え温熱効果を高めるために「カプサイシン」などが配合されているタイプもあります。

トレーニングする

筋トレ同様「チントレ」をすると陰茎が増大するのは間違いありません。大人と子供の陰茎を比較したら大人の方が大きいというのは誰もが認めるところでしょう。子供と大人の一番の違いは体格の差、つまり筋肉量です。

成長して筋肉の量が増えると陰茎が大きくなる…これは当たり前のことなのです。また繰り返しになりますが陰茎も筋肉組織なので鍛えれば大きくなります。

では具体的にどのような方法が最適なのかといえばそれは1位がセックスで2位がオナニーつまり性行為が最も効果的なチントレ法です。その理由は「勃起」というのが性的な興奮を得たら起こる身体変化であり、勃起してさらに刺激を加えるというのが最も陰茎平滑筋と前立腺を鍛えるのに最適だからです。

射精時の筋肉の動きを後ろから撮った動画を見れば一目瞭然なのですが、前立腺が激しくビクビクと動いているのがわかります。これは前立腺がポンプとなって精子をより遠くに飛ばそうとする生理反射作用なのですが、前立腺も陰茎と連動している筋肉組織なので、勃起と射精が陰茎増大には最適なトレーニングであるということがわかります。

それ以外にも平時には陰茎を前後左右に伸ばしたり、引っ張ってぐるぐる回す「チントレ」を1日5〜10分行うのが効果的だと言われています。

薬剤を注入する

保険証の使えない自由診療ですが、男性向けの美容形成クリニックなどでは「リパス」という薬剤を陰茎に注射してサイズアップするという方法が行われることがあります。「リパス」にはPMMAというポリメタクリル酸メチル樹脂とデキストランという糖質の一種が配合されています。

デキストランは注射後2年ほどで吸収されていきますがPMMAは吸収されずに皮下にとどまり続けます。また、PMMAには皮下組織の繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促進させるという作用が確認されているので、ボリューム感がずっと維持できるという効果が期待できます。

イメージとしては液体状のシリコンを陰茎に注射して増大させる美容形成術の一種という感じで、シワ取りでボトックスやヒアルロン酸を注射するのにも似ています。

「リパス」は他の注射薬と比べても重みと硬さが維持しやすいので陰茎が体に埋もれるのを防ぎ平時でもボリューム感を維持してくれます。目安としては10mlを2回に分けて注射すると一回り以上は大きくなるとされています。ただし、この方法は医療行為なので必ず医療機関で受けてください。

器具を使用する

陰茎というのは全体のおよそ7割近くが体に埋没しているというのをご存知でしょうか?陰茎の根元にはワナ靭帯という腱があり、これが陰茎を下腹部に埋没させる役割を持っています。

真性包茎やED(勃起障害)、早漏の人は陰茎が敏感すぎたり日頃から射精する機会が少ないことで陰茎の筋力が衰えワナ靭帯の引っ張る力に負けて埋没してしまい見た目が小さくなってしまいます。

これを解消するためのグッズが「コックリング」です。コックリングには早漏解消をサポートしたり、見た目のファッションでつける人が多いのですが、実は仮性包茎解消や埋没陰茎の解消にも効果的なグッズなのです。埋没している陰茎の大部分が露出すると平時でもボリュームのある陰茎になります。

またシリンダー内に陰茎を入れ、中を真空状態にして陰茎を増大させるグッズも効果があります。これは陰茎の周囲の外圧を下げることで血管が膨張しやすくなるため勃起時の硬さとサイズ感がアップするという原理です。

ただし、これらのグッズの効果は一時的なもので、日頃から使い続ける必要があります。したがって陰茎増大グッズだけで短小を解消するよりもトレーニングやサプリメントを併用して効果を高めることをおすすめします。

手術をする

男性専門クリニックや美容形成外科などの医療機関では陰茎を大きくする手術を受けることができます。これは先ほど紹介した陰茎を埋没させているワナ靭帯の一部を切除して、露出部分を増やすというものです。

他にもシリコン樹脂や人工パールなどを埋め込む手術があります。さらに陰茎の長さだけでなく全体的な太さを増すという手術もあり、これらの手術は亀頭増大術や亀頭強化術、陰茎増大術と呼ばれています。こうした手術を受けることで全体的なサイズアップはもちろんですが、早漏予防や包茎治療にも役立ちます。

ただし、敏感な陰茎にメスを入れるというのはそれなりのリスクが伴います。特に陰茎は排尿のための器官でもあるので、術後排尿時には強い痛みを感じることがあり、感度が下がって術後EDなどを起こす危険性もあります。このため陰茎増大手術は他の増大方法で満足いく結果が得られなかった場合の最終的な手段と考えておいた方がよいでしょう。

保険が効かない自由診療なので、同じ手術を受けても医療機関によって値段が異なるというデメリットもあります。なかなか人には相談できない悩みなので手術を受けるクリニックを探すのも大変な作業です。

なぜみんな他人の陰茎の大きさが気になるのか

日本人の陰茎のサイズは勃起時で平均13.6cm前後と言われています。インターネットで誰もが手軽にアダルト動画サイトにアクセスできるようになった今、外国人の巨根動画をみると日本人ってやっぱり小さいのかな?という疑問を抱きます。

しかし、このような日本人の陰茎サイズのコンプレックスは古くからあったと考えられていて、「春画(ポルノ版浮世絵)」に描かれている男性の陰茎が異常にでかく描かれていることからもそのことが伺えるのです。皆さんも公衆トイレで隣の男性が用を足しているとついつい覗いて自分とサイズ比較をしてしまうことってありませんか?ゲイでなくても他人の陰茎のサイズには興味がありますよね?

そもそも勃起というのはセックスの時、より確実に受精させるために陰茎は長いほうが好都合だから起こる生理反応なので、「種の保存の本能」が陰茎のサイズを気にさせている原因なのではないかという説もあるのです。

それになんとなく巨根って「たくましい」とか「男らしい」というイメージがありますので、男性ならば誰もが陰茎サイズに興味を持つのって当たり前のことなのです。

勃起したら何㎝になる?

自分の陰茎サイズが一体どれぐらいなのか、男性なら誰もが一度は気にしたことがあるとは思いますが、実際に他人と比較する機会などそうそうあるものではなく、インターネットのアダルト動画サイトに出ている男優の勃起サイズを見ることぐらいかと思います。

そこで実際に日本人の平均的な陰茎のサイズ(通常時と勃起時)は一体どれぐらいなのかを調査した結果は日本人の陰茎は平時で約9.2cm、フル勃起時で約13.1cmというのが平均的なサイズでした。

ペニスサイズの測定方法

人の陰茎は十人十色。反り具合などでサイズ感は変わってくることから、基準を決めて正しい測り方をしないとデータとして成立しません。

医学的には直立して陰茎を水平状態にし、陰茎の上に沿って、亀頭の先端から根元の恥骨の部分まで測定します。これが国際的に一番基準となる陰茎の測定方法で、これなら上反りや曲がりがあっても正確な長さを測ることができます。

日本のアダルトグッズメーカー大手のTENGAでもこの方法を用いて日本人の平均的な陰茎のサイズを測定しており、泌尿器専門誌を刊行している医療会社「アンドロメディカル」でもこの測定方法で国際的な平均サイズの統計を取っています。

勃起時の日本人平均サイズ

日本人の平均的なサイズ13.1cmというのはアメリカ、イギリス、フランスなどと並んで第3グループにカテゴライズされており、グループ2にはオーストラリア、メキシコ、ノルウェー、イタリア、スウェーデンが入っていて、平均が14.7cm。

もっとも陰茎サイズが大きいのは西アフリカで、ガーナ、ガボン、コンゴなどの国はグループ1の平均16cm以上になっています。

勃起時の世界平均サイズ

次に日本とも縁の深い17カ国を選んで、グループ別に陰茎の平均サイズを紹介していきたいと思います。

  • グループ1(平均16cm以上):ガーナ、ガボン、コンゴなど
  • グループ2(平均14.7cm以上):オーストラリア、メキシコ、ノルウェー、イタリア、スウェーデンなど
  • グループ3(平均12.9cm〜14.7cm):アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、日本など
  • グループ4(平均10.9〜12.9cm):ロシア、インドネシア、ブラジルなど
  • グループ5(平均9.3〜10.5cm):インド、中国、韓国など

黒人の多いアメリカ、フランス、イギリスが日本と同じグループで、アフリカ系黒人と欧米系黒人とではルーツが一緒でもサイズが違うということが推測されます。

日本はアジアでも早い時期から欧米化が進んでいたので、やはり遺伝よりも生活習慣によってサイズが変わってくるという説が有力になってきます。

陰茎の形状

日本人の陰茎は中央部分が膨らんでいて、根元とカリ下はやや細身というのが平均的な形で、同じヨーロッパでもフランス人の陰茎は全体的にボリュームがあり、イタリア人は根元が太く、ドイツ人はカリ下が太い形が多いです。

アメリカ大陸に行くと同じ南米でもチリは極端に先細りしていて、メキシコは日本人とよく似た形をしています。アメリカ人はストレートな感じですが中央が若干太く下垂れ気味、ブラジル人もチリ同様に先細りです。一方のアジアをみるとインドや韓国はほぼストレートな形が多いです。

陰茎の形状を分類してみると

  • ストレートタイプ
  • 根元が太いタイプ
  • カリ下が太いタイプ
  • 中央部が太いタイプ

以上の4種類の分類ができます。同じアジアのグループでも日本人に多い「中央部が太いタイプ」はヒスパニックやネイティブアメリカン、アメリカ人に多い形です。

日本人のルーツはモンゴロイド(ユーラシア大陸の中央部分)やそこからアメリカ大陸に移動したといわれているネイティブアメリカンと似ているという説と中国や朝鮮半島を経て渡ってきたという説がありますが、陰茎の形やサイズ感を見る限り前者の説の方が有力なのかもしれません。

亀頭の形状

陰茎は陰嚢、陰茎、亀頭部分に分かれますので、今度は亀頭の形を比較してみましょう。亀頭には

  • カリ太
  • 先細り
  • ストレート

に加え、さらに亀頭部分のサイズを大中小に分けることができます。まず気になる日本人の亀頭の形ですが、これはカリ太で亀頭のサイズはやや小さめで、欧米人(特に白人とヒスパニック系)は亀頭のサイズが大きくカリ太が多いです。

南米人でもネイティブアメリカンの血が濃い地域(チリやメキシコ、ブラジルなど)は先細りしていてカリもそれほど大きくはないですが、中米の方にいくと北米と同じような傾向が出てきます。日本以外のアジア人はほぼストレートです。

ペニス増大に効果がある成分

陰茎は筋肉でできており、人体の中でも特に伸縮率が高く、血流の出入りが激しいところなので、筋トレと同じで、効率良く鍛えればそれだけ太く大きくなります。

陰茎増大系サプリメントは筋肉の増大を助ける成分が主として配合されており、特にこれから紹介する「シトルリン」、「アルギニン」、「オルニチン」というのは陰茎の増大効果が高い成分として知られています。ここからはこの3つの成分が陰茎の増大にどれだけ効果があるのかを解説していきます

シトルリン

スイカやウリなどのウリ科の植物から発見された成分で、遊離アミノ酸の一種です。遊離というのは組成が不安定ですぐに他の物質と結びついて変化しやすい性質を持つという意味で、有効成分として摂取した場合は即効性があるということになります。この成分は日本で発見された注目度の高い成分です。

シトルリンには高い血管拡張効果が確認されています。筋トレの際に使うプロテインサプリメントにも配合されている成分で、アンモニアから細胞のキメを整える尿素という成分の合成に深く関与していることがわかっています。

勃起は性的な刺激を感知すると脳から指令が脊髄経由で伝達していき、一酸化窒素とサイクリックGMPという物質が血管内に放出され、陰茎動脈に大量の血液が流れ込み、陰茎静脈を圧迫してパンパンに膨張するとおこります。

つまり、「血流をあげる効果」が高いシトルリンを摂取することで、同じように血管拡張作用のある一酸化窒素の働きを助け、陰茎動脈に血液が送り込まれやすくなるのです。また筋肉増強効果や精力増強効果も有る成分なので、総合的に陰茎の増大にとって有益な成分といえます。

アルギニン

アルギニンは体内で作り出すことができるアミノ酸(非必須アミノ酸)ですが、年齢とともに合成量が減っていき20代と40代の男性を比べるとその量はおよそ半分ほどに減ってしまうということがわかっていて、食事やサプリメントで摂取することが推奨されている成分です。

人にとっては非常に重要な成分で特に成長ホルモンの分泌を促進させる作用が陰茎の増大にも有益とされており、アルギニンが合成されると脳下垂体という部分に働きかけ脂肪を代謝し、筋肉を強化する作用があることが明らかにされています。

陰茎も筋肉組織なのでアルギニンを摂取して鍛えることで太く大きくなっていきます。そのために最も有効なトレーニングは「射精すること」です。

哺乳類にはもともと種の保存のためにセックスをする習性がありますが、精子をより確実に卵子に届けるためには陰茎は長い方がいいので、射精する回数が増えると前立腺や陰茎の筋肉が鍛えられ、サイズアップすることが期待できます。この時にアルギニンが持つ「成長ホルモンを活性化させる働き」が有益と考えられています。

オルニチン

オルニチンは体内ではアルギニンから合成される物質で、多くの血管と接続している肝臓内で働く重要な物質であり、シトルリン同様遊離アミノ酸の一種です。

近年はオルニチンの研究が進み、体内で筋肉の合成や疲労回復の改善、成長ホルモンの活性化などに関与していることがわかっています。疲労回復や成長ホルモンの活性化には大量のエネルギーが必要なので、エネルギー代謝にも深く関係している物質であるということがわかります。

肝臓は体内の化学工場といわれるほど、いろいろな物質の合成と分解に関わっている臓器で、肝臓の機能が低下すると陰茎の増大に必要な血流が低下してしまいます。食物ではシジミに多く含まれていることがわかっていますが、シジミの味噌汁を飲むと二日酔いからの回復、すなわち肝機能の回復が見込めるというのもオルニチンの働きによるものです。

さらにオルニチンが持つ高い疲労回復効果によってやる気が充満し、セックスやオナニーをする回数が増えることで、陰茎と前立腺のトレーニングになり増大効果が向上することが期待されています。さらにオルニチンが持つ高い疲労回復効果によってやる気が充満し、セックスやオナニーをする回数が増えることで、陰茎と前立腺のトレーニングになり増大効果が向上することが期待されています。

ペニスに悩む人はED(勃起不全)になりやすい?

ペニスの大きさに悩む人は、勃起不全になりやすいのでしょうか。そもそも、ED(勃起不全)は、多くの男性が悩んでいる疾患です。

EDとは、性交時に十分な勃起が得られず、もしくは勃起が維持できず、満足な性交がおこなえない状態を指します。このEDに悩んでいる男性は1,130万人にものぼるという調査報告もあります。

「いつもではなくても時々、性行為ができない」という男性は、4人に1人という割合です。「加齢だから仕方ない」「仕事のストレスが大きいから仕方ない」と諦める必要はありません。

現在は、さまざまなED治療薬が販売されています。30代・40代の働き盛りの方はもちろんですが、60代・70代の方で「もっと早くから治療をすれば良かった」と思う方も多くいます。

少しの勇気を持ってEDと向き合い、快適な性生活を実現させましょう。

ペニスに悩む人はED(勃起不全)になりやすい?

陰茎の大きさに悩む人は、勃起不全になりやすいのでしょうか。

そもそも、ED(勃起不全)は、多くの男性が悩んでいる疾患です。EDとは、性交時に十分な勃起が得られず、もしくは勃起が維持できず、満足な性交がおこなえない状態を指します。

このEDに悩んでいる男性は1,130万人にものぼるという調査報告もあります。

「いつもではなくても時々、性行為ができない」という男性は、4人に1人という割合です。「加齢だから仕方ない」「仕事のストレスが大きいから仕方ない」と諦める必要はありません。

現在は、さまざまなED治療薬が販売されています。30代・40代の働き盛りの方はもちろんですが、60代・70代の方で「もっと早くから治療をすれば良かった」と思う方も多くいます。少しの勇気を持ってEDと向き合い、快適な性生活を実現させましょう。null

短小という一言がEDのキッカケになることも

ED・勃起不全は精神的な原因からなることも珍しくありません。

パートナーから「小さいね」と言われるだけでも、大きなダメージとなり思うように勃起させられなくなり、EDを発症した、ということも実際にあります。

心因性とは、不安や心配事などストレスが原因となって起こる症状のことをいいます。心因性の問題点は、体に何の異常もみられないため本人にも自覚がないことが多く、原因を探るのが難しいところです。また、一人で思い悩んでしまう人も多いため、治療や相談もできないままさらに恐怖や焦燥感に悩まされ、結果として症状が重くなっていくケースもあります。

自覚ができるストレスがある現実心因と、自覚できないストレスを抱えている深層心因とに分類されます。現実心因は「パートナーからの期待に応えられない」「妊娠させることにプレッシャーを感じる」「仕事で疲れている」など原因が自分でわかっている状況です。

それに対し深層心因は、過去に虐待や恐怖を感じたなどのトラウマにより、自分でも気づかないうちに負った心のダメージが原因で発症します。このような心因性によるEDの治療では、抱えている悩みが現実心因か深層心因かを突き止めることから始まります。

心因性EDはEDの治療と一緒に、精神分析をしながらうつ病の治療もおこなうことがあります。またパートナーと協力し合い、自信をつけることで回復が早くなる傾向があります。

同時に、自身の陰茎が成長したことで自信回復し、EDも克服できることだって可能です。

ED治療薬の中には陰茎増大効果のあるものも

日本人は陰茎のサイズにコンプレックスを抱えている人が多いという調査結果があります。同時に、前述したとおり成人男性の4人に1人がED・勃起不全で悩んでいます。自分で気付いていなくても、隠れEDという可能性もありますし、陰茎の大きさに悩むことで知らずのうちにEDになっている可能性もあります。

増大サプリの中には、EDを同時に改善する効果を持つものも多くあります。

サプリメントは医薬品と違い天然成分でできていて副作用がほとんどありませんので、自分がEDでは?と疑う人はサプリメントをまず試してみましょう。

ビッグRXプラス

ビッグRXプラスとは、アルビオンニュートラセティカルズ社が開発した増大サプリメントです。医療用医薬品と違い、様々な天然由来100%の成分がバランスよく配合されており、副作用の心配も少なく服用ができます。個人差はありますが、服用を開始してから約2週間にて勃起力アップ、約2ヵ月ほどでサイズアップが実感できたという声が多くあがっています。

ビッグRXプラスには、バイオぺリン、ダミアナ、イチョウ葉、カツアバ、朝鮮人参などといった様々な有効成分が含まれています。

バイオぺリンは、インドで採集できる黒コショウ由来のエキスで、勃起力を高めます。含有されているほかの成分の体内への吸収を高めてくれる点も特徴です。

そのほか、男性ホルモンの分泌を促進作用や、疲労回復、勃起力、勃起時間アップなどの効果もあり、男性機能の向上も期待ができます。

安全で健康的にナイトライフをより楽しみたい方におススメのサプリメントです。

ビッグRXプラスでペニス増大した人の声

Left Caption

bigboy
(33歳)

元々勃起力に自信あったけど、これを飲み始めて明らかにビンビン感が凄い!あとはコンプレックスの大きさかな。サイズアップを期待して、続けてみようと思う。
Left Caption

丸太
(29歳)

また飲み始めなので効果はイマイチわかりませんが、心なしか大きくなってきたように感じます。気のせいかはわかりませんが今後も続けて様子を見たいです。

ボリュームピルズ

このサプリアメリカのリーディングエッジヘルス社が開発した陰茎増大、勃起不全改善、早漏改善・防止のサポートをしてくれるサプリメントです。主成分はL-アルギニンという陰茎への血流量を増やす効果のある成分で、陰茎の血管を拡張することで陰茎への血流量を増やしED(勃起不全)の改善をサポートします。

亜鉛やリジンなども含まれ、精子量を増やす効果や集中力と快感を高める作用も期待されています。別名セックスミネラルとも呼ばれるほど、性生活にとって重要なミネラル亜鉛を含んでいます。

亜鉛は、男性の体内において精子の形成に必要となるミネラルで、摂取することで精子の量と運動量を増やすことが可能です。

その他の有効成分にも、疲労回復効果、催淫作用や勃起力アップ作用といった効能があり、男性機能が向上の期待が見込めます。副作用を気にすることなく、気軽に使用できる点もメリットです。

ボリュームピルズでペニス増大した人の声

Left Caption

隼人
(40歳)

バイアグラで動悸が激しくなってしまうのでサプリに変えてみました。立ち方はなかなか良く、効果もわりとすぐに現れました。
Left Caption

ゲン
(32歳)

ED治療薬を使うほどではなかったので、天然成分のこちらを使用し始めました。即効性はありませんが、使い続けていると以前よりも反応が良くなってきたように感じます。

ヨヒンベバーク

天然ハーブであるヨヒンベを含み、男性の性機能向上と健康的で活力の溢れる生活をサポートしてくれます。

ヨヒンベの樹皮の陰茎内の血管を拡張し血流を促す働きが、勃起促進の効果があるといわれており、ED改善や性欲増強が見込めます。ED治療薬を使用することに抵抗のある方でも飲みやすい錠剤タイプです。

ED治療薬として有名なバイアグラなどは、勃起抑制の原因であるPDE5酵素をブロックし正常な勃起へ促します。対して、ヨヒンベバークは血流を促して興奮を抑える因子を遮断しEDの改善を行うのが特徴です。

有効成分ヨヒンビンが、血管を拡張させ陰茎海綿体の血流を促し、男性の性的機能を高める作用が見込めます。

勃起をした際の陰茎増大効果や持続力にも期待できるほか、アドレナリンの放出を防いでくれるので心因性EDにも効果的です。血流が良くなることで性的刺激に敏感になり性欲を高め、勃起時の陰茎のサイズアップやスタミナにも期待ができます。

天然ハーブのサプリメントのため、ED治療薬の副作用などにより体質に合わなかった方、強壮剤の効果から年配の方にも愛用している評判のサプリです。

ヨヒンベバークでペニス増大した人の声

Left Caption

だい
(39歳)

友達の間で噂になっていたので、購入して使ってみました。即効性はないものの使い続けていると確実に以前より精力が上がっているのがわかりました。今後も続けていきたいです。
Left Caption

つけ麺
(55歳)

ステキなセックスをもとめ、こちらを使用してから臨みました。興奮度が増すというか、少しの刺激で大きくなります。

アンドロファーマペニス

アンドロファーマペニスは、アメリカのアンドロメディカル社が開発した男性機能向上サプリメントです。

男性ホルモンの分泌を促したり、血流の改善と増加を働きかけることで精力の増強や勃起力を向上し、持続力や硬さ、サイズアップと男性機能全般を正常化する働きがあります。国際規格のGMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)の証明書を保有、効果や安全性の高さから定評があります。

ハマビシ・イチョウ葉といった100%天然由来の成分で作られています。滋養強壮や性力アップ、性的衝動を高める働き、血流の改善効果による勃起力の向上といった効果を併せ持っているサプリメントです。

血流促進作用により勃起不全や早漏の改善が見込め、陰茎のサイズアップにつながります。男性ホルモンであるテストテスロンの分泌量を増加させる働きで、性機能の全般的な改善をはかります。勃起不全や早漏の改善だけでなく、硬さが増しサイズアップの効果も見込め、男性機能を全般的に正常な状態へと導いていきます。

また、当商品はFDA(米国食品医薬品局)に登録・認可されているため、安全で安心して服用できる効果の高いサプリメントとして人気です。

アンドロファーマペニスでペニス増大した人の声

Left Caption

おにい
(48歳)

何とも名前がダイレクトだけど、名前負けしていない効果を感じています。年齢の割に早く果てちゃうことが悩みだったけど、最近持つようになってきたかな。

スマートミークリーム

タイのナノメド社が開発した陰茎増大クリームです。勃起機能の改善と陰茎のサイズアップの効果があるクリームで、陰茎をマッサージするように直接塗り込み使用します。

陰茎のサイズアップはもちろん、加齢や肉体の疲労による性欲や精力の減退の悩みにも、スマートミークリームを塗ることで解決が可能です。含有成分は質が高く、ED治療薬では副作用や強い効果などが不安だった男性にとって、副作用の心配がない点が評価されています。

スマートミークリームは、塗布した陰茎から、有効成分を直接浸透するようナノ化技術を用いて製造されていて吸収しやすくするよう開発されており、直接陰茎に塗りこむだけですぐに効果を現します。

陰茎のサイズアップのみならず、硬さや持続時間の向上といった勃起力の向上と早漏防止、ED症状の改善にも期待が見込める商品です。

また、GMP「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」に合致する最高水準の安全性と効果を発揮する商品として、高い評価を得ています。

スマートミークリームでペニス増大した人の声

Left Caption

R
(29歳)

大きくなってきた気がします。と、言うより、大きくなり方が違うというか。あと、感じ方が敏感になった気がします。
Left Caption

ひさ
(27歳)

ハンドクリームようなニオイがします。使用して2回リピートしていますが、以前よりも大きくなったように感じます。今後も使用していきたいです。

EDは古今東西の男性共通の悩み

EDは古今東西の男性共通の悩み

EDは現代社会で増え続けていますが、なんと江戸時代でも「腎虚」と呼ばれ、重大な病気として認識されていました。腎虚は、免疫機能や内臓機能が低下し、心身ともに強い衰弱状態になることで、精力減退など生殖能力にも影響を及ぼすため「男性機能の終わり」と恐れられていました。

腎虚になると、「男性器から最後に赤い玉がでる」「早死にする」など、根拠のない噂も流布していたそうです。

江戸時代を開いたあの有名な徳川家康も、腎虚には神経を使い、精力強壮剤を活用していたと言われています。

徳川家康は、オットセイの睾丸から作る「一粒金丹」という勢力増強剤を取り寄せ、60代まで子作りに励んだ結果、18人以上の子どもを持つことができました。

海外でも昔は、ED罹患者は社会不適合者との烙印を押されるため、初夜の営みを恐れる男性も多くいたそうです。男性器を強調する像や、股間を目立たせるファッションが多かったのも、生殖能力=男性としての能力として重要視されていたためでしょう。歴史上有名なルイ16世、ヒトラー、ニュートンもEDに悩んでいたとの記録があり、EDは世界各国、どの時代でも男性にとっては悩みの元凶だったようです。

男性器を勃起させるメカニズム

EDは、男性を自信喪失に陥れる大きな要因ですが、決して男性として何かが不足している訳ではありません。では、硬さ不足や中折れなどで男性器が正常に勃起しない原因は、どこにあるのでしょうか。

ずばりEDの原因は、勃起時の体内物質のバランスが崩れてしまうことにあります。

男性器の勃起は、性的刺激を受けることで、脳からペニスへ信号と送り、男性器に血液を集めることでペニスを挿入できる程度まで硬くする、というメカニズムで起こります。

勃起した時の硬度は、正常に挿入するには重要なポイントです。アメリカで開発されたEHSによると、性行為時に必要な硬度は、果物だとリンゴくらいの硬さと言われています。

EDの場合、勃起のメカニズムがスムーズにいかず、さらにリンゴのような硬度の維持ができなくなります。硬度の維持はとても重要で、硬度が弱いと男性器が膣圧により押し出され途中で抜けてしまい、挿入を続けることが困難になります。

EDを理解するには、このように勃起のメカニズムを知ることが大切になります。ここで詳しく勃起のメカニズムと、硬さの指標について説明していきます。

勃起のメカニズム

EDを改善させる大切なポイントは「男性器の勃起」と「勃起の維持」の2つを理解するところにあります。

まずは、男性器の構造を知り、勃起のメカニズムの理解を深めましょう。男性器は、尿道海綿体が1本、その左右に2つあるペニス海綿体で構成されています。勃起を起こすには、この2つの陰茎海綿体が重要な働きをします。

男性が視覚・聴覚・味覚・匂い・想像などから性的興奮を受けると、脳内の勃起中枢から指令が出て、男性器の海綿体に血液が多量に運ばれます。そして、陰茎が硬くなり勃起が起こります。

通常、勃起した状態は、射精、または性的刺激の中断などで、海綿体から血液が流出するまで続きます。しかしEDの場合、硬度が維持できず、射精する前に中折れすることがあります。

中折れの原因は、勃起を維持させる物質と、勃起を収める物質のバランスが崩れることにあります。勃起を維持させるのは、cGMP(環状グアノシン一リン酸)で、血管拡張物質です。勃起を収めるのは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素で、cGMPを分解し、血流を低下させる働きがあります。

通常、PDE5は性的興奮が落ちついた時点で放出され、cGMPの分解が始まりますが、EDではcGMPの濃度が上がらないうちに、PDE5の放出が始まるため、陰茎に血液が集まらず、硬度の維持ができなくなってしまうのです。

結果的にPDE5は、勃起を阻害する大きな原因と言うことができます。

硬さ指標となるEHS

EDの症状として、硬度の維持ができず、性行為が満足にできない、ということも挙げられます。ここでは、勃起の維持に必要な、硬さの指標EHSについて理解を深めていきましょう。

EHSはErectionHardnessScore(エレクションハードネススコア)の略で、アメリカで開発された勃起時の硬さを把握する評価スケールです。このスケールはセルフチェックで評価する方式で、信頼性が高く、日本でも多くの医療現場で活用されています。

硬さのスケールは0~4の5スコアで、勃起した状態での男性器の硬さをスコア判定します。セルフチェックができるので、さっそく確認してみましょう。分かりにくい場合、食べ物に例えてグレードチェックをイメージ化する方法もあります。

  • グレード0:ペニスが大きくならない状態
  • グレード1:ペニスは大きくなるが硬くはない状態(こんにゃくのような硬さ)
  • グレード2:ペニスは硬いが、挿入には十分でない状態(みかんのような硬さ)
  • グレード3:ペニスは十分硬いが、完全に硬くない状態(グレープフルーツのような硬さ)
  • グレード4:ペニスは完全に硬く、硬直している状態(りんごのような硬さ)

EDの可能性があるのは、グレード3以下、且つ挿入が難しい状態の場合で、治療対象になります。

EDを引き起こす要因~生活習慣・病気・薬剤~

EDが発症する原因には、加齢やストレスなど精神的なもののほか、生活習慣、高血圧や糖尿病などの持病、薬剤による影響などがあります。

まずは、生活習慣の乱れが挙げられます。運動不足、喫煙、習慣的な飲酒など、生活習慣に問題があると、EDを発症する原因になります。職場や家庭内、パートナーとの葛藤などで、悩みや不安があると、ストレスによりEDになることもあります。

喫煙や飲酒習慣は、血管を硬くするため血流低下が起こり、勃起不全が起こる可能性があります。

また、動脈硬化、高血圧、糖尿病など、生活習慣病もEDを引き起こす原因です。生活習慣病は、血管を硬くしペニスへの血流を悪くします。さらに糖尿病では、神経障害も起きるため、脳とペニスでの神経伝達がとどこおり、EDや性欲低下が発症しやすくなります。

このように生活習慣病があると、男性器内の海綿体に血液が十分送ることができないため、ペニスが挿入できるまでの硬さにならず、勃起を阻害することになります。

さらに、内服している常備薬がED発症の原因のこともあります。病気の治療で内服しているつもりが、副作用により健康被害やEDを引き起こすことがあり、これは薬剤EDと言われています。

EDの発症には、さまざまな原因が潜んでいます。ストレスをためやすい、常備薬を常用している、生活習慣や食生活の乱れなど、日常生活のファクター1つ1つが積み重なると、EDの発症原因になっていきます。

EDが発症する原因

EDが発症する原因

EDはとてもデリケートな問題で、パートナーや身近な人には相談しにくく、「EDかもしれない」と心配になっても、治療を始めるハードルが高いのではないでしょうか。また、体の不調をあらわすサインとして、EDが起こることもあります。

勃起不全は「勃起しなければED、それ以外は大丈夫」と短絡的にとらえることが多いですが、実際には症状は幅広く、さまざまあります。例を挙げると、性行為中に、男性器がやわらかくなってしまうのもEDの初期症状の1つです。

「このくらいは大丈夫」と自己判断することで、EDが進行していくケースも多々あります。

そのため、EDを早期に発見し対策をとったり、進行を防ぐためには、まずはEDの症状を理解することが重要です。

満足な性行為ができていないのでは?と、自信が持てない時、医療機関ではメンズクリニックや泌尿器科が対応してくれますが、行きにくい場合は自宅でのセルフチェックをおすすめします。

自分自身で不調なことが自覚できれば、改善に向けて専門機関への受診や、ED治療薬の購入など、具体的な行動をとりやすくなるでしょう。

ここでは、勃起障害の症状について、さらにEDかを確認するセルフチェックの方法を紹介します。

EDの診断ガイドライン

勃起不全とは性行為をおこなうための男性器の勃起が十分でない、または勃起を維持できない状態と定義されており、勃起障害と同じ意味です。ただし、単に「性行為が満足にできない」「パートナーを満足させられない」という状況のみから、勃起不全を疑うのは間違いです。

勃起不全かどうかは、専門機関で勃起障害の症状の自覚症状の有無・病歴・ペニスの状態などを診察し、検査結果を合わせてトータルで診断されます。

専門機関として勃起障害の診察・診断ができるのは、泌尿器科やメンズクリニックになります。医療機関を受診すると、まず問診から始まり、勃起不全の原因になる病歴の有無などを確認します。

病歴としては、糖尿病や脊髄神経系の病気のほか、うつ状態、性行為への不安や悩み、ストレスなど、心理的要因の有無も聴取されます。

生活習慣とEDも深く関係しているため、日常生活での運動量、食事内容、喫煙の有無、飲酒の量などの聞き取りもあります。そして、触診により男性器の状態をチェックします。診察していく中で、ホルモンバランスの乱れの疑いがある場合、勃起を起こす男性ホルモンの状態を測定する検査をします。

このような流れで、身体的、精神的な状態を総合的に判断した上で、勃起不全または勃起障害と診断されます。

EDの症状

EDいわゆる勃起不全の症状は、単に勃起が起こらないというだけでなく、勃起はしても硬さが十分でない、中折れしてしまうなども深刻な症状として挙げられます。

勃起不全とは、十分な勃起状態を維持できず、性行為に支障が出てしまう状態のことを言います。

EDの発症には段階があり、初めから全く勃起しなかった、というケースは非常にまれです。初期症状として「性行為の始めは良かったけれど、途中で元気がなくなった」、次の段階として「十分に硬くならないまま射精してしまう」という症状が現れてきます。

さらにEDが進行すると、射精ができない、勃起が起こらないという症状が現れ、満足な性行為ができなくなってきます。

EDは身体的な問題だけでなく、精神的なダメージも負い、それが症状にも影響を与えます。勃起が十分できないことで男性としての自信を喪失し、それがEDの症状をさらに深刻化させていくのです。このような悪循環が起こるところにEDの恐ろしさがあります。

また、性欲は十分でも勃起までに時間がかかる、勃起状態が一定しない、性行為中にペニスがやわらかくなる、などもEDの症状に含まれます。勃起に関して不安を感じ始めたら、EDの初期症状の可能性もあります。

EDのセルフチェック法

次に、EDの傾向があるか確認するためのセルフチェック法を紹介します。セルフチェックには、IIEFという国際勃起機能スコアを使用します。そのスコアにより治療対象かの判断がなされます。過去6カ月以内の自分の男性器の状態を思い出し、チェックしていきましょう。

セルフチェックのポイントは5つで、「勃起を維持できるか」「挿入可能な硬さになるまでの所要時間」「挿入後に勃起を維持できるか」「挿入中の勃起の維持が困難に感じたか」「性行為に満足できかたか」を5段階でチェックしていきます。

例えば「勃起を維持できるか」ですが、性行為中に男性器の勃起を維持できる自信があったかを5段階でチェックしていきます。自信があるは5点・やや自信があるは4点・普通は3点・やや自信がないは2点・自信がないは1点と点数をつけます。

このように「硬さ」「勃起の維持」などの項目でも同じように点数化します。

コアの合計点数が21点以下なら、EDの傾向があるとされます。このセルフチェック結果は、医療機関でも診断の参考するため、勃起状態が気になる場合は、一度チェックして見ましょう。

EDを引き起こす要因

心因性(機能性)ED:社会的ストレスやコンプレックスが影響

EDは、精神的、心理的な要因での発症がもっとも多く、これを『心因性(機能性)ED』と言います。心因性EDでは、身体的な問題はないものの、心理的要因により満足な性行為ができなくなります。

心因性EDには2種類あり、『現実心因』が関与するものと、『深層心因』が関与するものがあります。中でも現実心因によるEDは、誰にでも起こる可能性があるものです。また、精神疾患が原因となり発症するEDについても、心因性(機能性)EDに含まれます。

心因性

心因性EDを引き起こす『現実心因』とは、日常生活の中での精神的ダメージのことです。具体的には、仕事上の問題、職場での人間関係の葛藤、経済的な困難などから受ける不安、焦り、ストレスなどがあります。ほかにも、 性体験の少なさや、男性器の悩み、パートナーからの性行為中の中傷など、 性に対する不安やコンプレックスが原因にもなります。

このように見ると現実心因は、多くの人が日常的に感じるうるものです。現実心因によるEDが、誰にでも起こる可能性がある、というのも納得できます。

また、現代社会はストレスが深刻化しており、多くの人がストレスを抱えて生活していること、さらに、恋愛の消極的な男性が増えていることなども、現実心因によるED発症率を増加させていると言えます。

しかし、現実心因のEDは、環境改善や性体験の充実化により、克服できる可能性があります。また、カウンセリングやED治療薬の内服などでも、改善が期待できます。

『深層心因』とは、深層心理に刻み込まれた大きな傷、不安、悩みのことです。具体的には、幼児期の虐待体験、性的暴行をされたなど、過去に受けたトラウマなどがあります。

過去のトラウマは、無意識のうちにフラッシュバックするため、原因の解明までには時間がかかります。原因を解明できても、心理的な治療が必要になるため、改善までには長期間かかります。

精神病性

『精神病性ED』も、心因性EDの一つです。精神病性EDとは、統合失調症や気分障害、うつ病などの精神疾患が原因となり、発症するEDです。

その中でも現代病の代表であるうつ病は罹患率が高く、そのため、うつ病が原因の精神病性EDが増加している現実があります。アルコールや薬物依存症も精神疾患に含まれます。

このような精神疾患により、勃起機能の低下や性欲減退など、EDの症状が引き起こされていきます。重症化した精神疾患の場合、被害妄想や幻覚、幻聴など、精神疾患的な症状により、性行為が正常に行えないことがあります。

器質性ED: 生活習慣や持病が主な原因

器質性ED: 生活習慣や持病が主な原因

器質性EDは、身体的な要因により発症するEDで、精神的な要因で引き起こされる心因性EDとは区別して考える必要があります。

勃起は、神経系と血管系、そして体内で分泌される物質が正常に働くことで起こりますが、このどれかに障害が起きると、器質的EDの原因になります。

器質性EDは、障害されている部位により『ペニス性』『神経性』『血管性』『内分泌性』の4種類に分けられています。

ペニス性

陰茎の組織に異常や障害がある場合に起こるのが、陰茎性のEDです。外傷や奇形などが原因となり、性的刺激がスムーズにペニスまで伝達されず、勃起が起こらない、という症状が見られます。

ペニスに異常や障害が起こる主な原因としては、「外傷による陰茎の損傷」「外科手術時の陰茎組織の損傷」「先天性の陰茎奇形」などがあります。

神経性

勃起のメカニズムを司る神経に異常や障害がある場合に起こるのが、神経性のEDです。勃起を起こすには、脳、脊髄(せきずい)、ペニス周囲に存在するそれぞれの神経系が重要な働きをします。

視覚や聴覚、触覚などで受けた性的刺激の情報は、脳から脊髄を通り、ペニスまで伝達されます。そのどこかに障害があると、ペニスまで情報が伝達できず、勃起が起きなくなります。

神経系の障害を起こす主な原因としては、「脳血管障害などによる脳神経の障害」「脊髄損傷による脊髄神経の障害」「前立腺がん、膀胱がんの手術時の末梢神経の損傷」などがあります。

血管性

血管の異常により、ペニスの海綿体(かいめんたい)が血流不足になりEDが起こることがあります。これを血管性EDと言います。器質性EDの中で、もっとも患者数が多いと言われています。動脈硬化による血液循環の悪化により、起こるケースが特に多いとされています。

動脈硬化と生活習慣病は深く関与しているため、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの持病のある方、もしくはメタボリック症候群など予備軍の方は、特に注意が必要です。

ほかにも、喫煙や習慣的な飲酒も血管を硬くする原因となるため、血流不足によるEDを発症するリスクになります。

内分泌性

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減少することで起こるEDは、内分泌性EDと言います。

テストステロンは、男性の性機能に深く関係しているホルモンで、快楽ホルモンであるドーパミンの生成、ペニス周囲の筋肉をゆるめ血流を促す、などの働きがあります。

残念ながら、加齢によりテストステロンの分泌量は減少していくため、テストステロン本来の働きが弱まることで、年齢とともに性欲の減退やEDにつながることもあります。

テストステロンは、加齢以外にも喫煙や習慣的な飲酒、生活習慣の乱れなどでも分泌量が減少していくため、EDを予防するには生活習慣も見直す必要があります。

混合性ED: 身体的・精神的が混在した要因で発症

EDは、心因性EDと器質性EDに分類され、発症原因はどちらかに属することが多いですが、中にはその両方が混在しているケースも見られます。その場合は、『混合性ED』として分類されます。

特に多いのは50代以降の男性で、この年代は加齢による身体的機能の低下に加え、精神的にもストレスを抱えやすい年代です。50代以降では、若い年代より混合性EDが発症するリスクが高いため、生活習慣を見直したり、ストレスをためないよう、日頃からマネジメントすることが大切です。

心因性EDは不安やコンプレックスなど心の問題が原因、器質性EDは血管系や神経系の障害が原因と、原因の特定や判別もしやすく、治療法も早く確立できます。一方、混合性EDでは、原因が心因性にも器質性にも属するため、原因の特定や治療法の確立が難しく、時間がかかってしまうことが多いです。

混合性EDの発症メカニズムにはいくつかあり、動脈硬化が原因の器質性EDに、ストレスが原因の心因性EDが同時に存在し、発症する例などがあります。

ストレスが多い場合、心因的な要因ばかりが注目され、動脈硬化などの器質的な要因を置き去りにしがちです。ストレス解消に力を入れているにもかかわらず、EDが改善されないと、焦りや不安という新たなストレスが生じ症状が悪化する、という悪循環を引き起こすこともあります。

ほかにも、ケガや病気により精神的ダメージを負うことで、混合性EDに進展してしまうこともあります。幸いこの場合は、ケガや病気が治ると原因が解消するため、自然に回復させることも可能です。

また、注意を要するのは、本人の思い込みで混合性EDを引き起こすケースです。 確かに生活習慣病は、EDを発症させる要因になりますが、生活習慣病の持病を持つすべての人がEDになる訳ではありません。「自分は生活習慣病があるからEDになる」と思い込んでしまうと、焦り、不安などが高まり、それがストレスとなり心因性EDに進展することもあります。

これらのことからも分かるように、混合性EDの場合、原因として考えられる要因が非常に多いことから、的確な治療の確立が難しいと言われているのです。

どちらかと言うと、器質性EDの発症がストレスとなり、心因性EDを引き起こすケースが多いため、まずは器質性EDの原因の治療から始めると、合理的でしょう。ストレスとの原因となっていた器質性EDが改善されることで、ストレスによる心因性EDも改善していくと考えられます。

しかし、深層心因による原因が疑われたり、長期にわたるストレスや精神的ダメージを受けているケースでは、専門機関でのカウンセリングや検査を受け、心因的な問題から解決していくことを優先した方がよいでしょう。

薬剤性ED:常用している薬がED発症の要因に

持病の改善や治療のため、薬を常用している方は多いのではないでしょうか。その薬の副作用により勃起不全が起きることがあり、それを『薬剤性ED』と言います。

薬剤性EDでは、薬の副作用が原因で男性の性機能が低下し、性行為が満足にできなくなります。

多くの人は「医薬品は病気の治療に大切」「医薬品は安全」という認識であるため、その薬がEDを引き起こしているとは、まず想像できないでしょう。そのため、自分のEDは心因性か器質性だろう、と勘違いし、薬剤性EDに気づくのが遅くなるケースが多く見られます。

男性機能を低下させる薬は、いくつか挙げられます。

まずは、精神疾患系の治療薬である精神安定剤、抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬などです。

特に、抗うつ薬のうち『選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)』『セロトニン・ノルアドレナリン再取込阻害薬(SNRI)』というカテゴリーに属する薬は、副作用としてEDの発症があります。

うつ病の原因には、心の安定を保つ神経伝達物質「セロトニン」の減少があり、その影響で気分の落ち込みや、抑うつ傾向が見られるようになります。

抗うつ薬のうち、SSRI、SNRIというカテゴリーに属する薬は、体内のセロトニンを増やすことで心の安定を促し、うつ病を改善させる薬です。

しかし、セロトニンは快楽物質と言われるドーパミンの分泌を抑制するため、性的機能を低下させてしまいます。また、末梢においてセロトニンが増えると、感覚機能の低下を引き起こすため、EDを発症させる要因になると考えられています。

ほかにも、前立腺がんの治療薬である男性ホルモン抑制剤、LH-RHアゴニストも、薬剤性EDを引き起こします。男性ホルモンであるテストステロンは、男性の性機能に直接関与しており、 LH-RHアゴニストは、その働きを抑制します。そのため、性欲低下やEDの発症を引き起こすことになります。

前立腺がん治療中に、LH-RHアゴニストを使いテストステロン数値を計測した結果、「去勢したレベルと同等の数値低下が見られる」と報告されています。

薬剤性EDでは、副作用を起こしている薬を中止すれば、ほとんどのケースで改善が見られます。常用する薬がある場合、心因性EDや器質性EDを考える前に、薬の副作用でEDになっている可能性はないか、確認することが大切です。

また、高齢の方の場合、体内でドーパミンやテストステロンなど、性機能に関与する物質が、若い年代より減少しているため、副作用を起こしている薬の服用中止をしても、すぐには勃起が起こらないこともあります。

思うように性機能の改善が見られない場合、男性ホルモンや必要な栄養素を補充すると効果が現れることもあるので、精力増強効果があるサプリメンなどの活用をおすすめします。

ED発症の危険因子

ED発症の危険因子

今の時代は、EDを引き起こす要因で溢れています。例えばインターネット依存や、男性の嗜好が複雑化してきたことなどが挙げられるでしょう。

アダルトビデオや動画は、EDを引き起こす要因と考えられています。これらの情報は手軽に手に入るため、実際の女性と性行為に及ぶことが面倒臭く感じてしまうのです。

また、性行為に及ぶまでもなく満足できてしまい、性行為の必要性を感じないとも考えられるでしょう。こういった視覚映像では、過激な内容が含まれていることがあります。そういったものを見慣れてしまうと、普通の性行為では満足できなくなってしまうのです。

さらに大きな要因と考えられているものが、インターネット依存です。殆どの方がスマートフォンを持っている今は、インターネット抜きの生活が難しい程です。

こうした背景では、インターネット依存に陥ってしまうのも無理はありません。しかし一度依存してしまうと、殻に閉じこもり、人と接することができなくなる場合も考えられます。EDの要因となるものは、増加傾向にあります。なにごとも、適度にしておきましょう。

EDを併発する恐れのある病気

糖尿病を患うと、EDも発症する恐れがあります。

糖尿病の方がEDを発症する割合は、健康な男性の2~3倍とされていますなぜ糖尿病は、EDと併発してしまうのでしょうか。

それは血行と、神経の伝達に関係があります。糖尿病で血糖値が上昇すると、血行が悪くなった上、神経の伝達にも悪影響を及ぼしてしまうのです。この双方が合わさったことで、EDの発症リスクが高まります。

糖尿病はEDを引き起こしますが、EDに早く気が付くと、糖尿病の早期治療にもつながる可能性があるともいえるでしょう。

また糖尿病に限らず、早漏症や高血圧症、うつ病といった病気はEDを引き起こす可能性があります。早漏は射精に至るまでが早すぎるというもので、EDを発症している方の多くが早漏を経験しています。早漏とEDは一見関係ないようにも思えますが、射精障害の一つとして、深い関係があるのです。

勃起を起こすためには、陰茎の海綿体に血液が流れ込む必要があります。しかし、高血圧症は血管に負荷が掛かり、血行も悪くなってしまいます。結果として陰茎に血が行き渡らなくなり、EDを引き起こすのです。

また、ストレスで勃起できない経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。精神状態は勃起と密接に関わっているため、うつ病がEDの引き金となることも考えられるのです。

EDの予防と対策、その改善方法

EDがどのような症状を起こすのか、また、その原因にはどのようなものがあるのかなどは、これまでに見てきた通りです。それでは、そのEDにならないために、そして発症してしまったときには、どうすれば改善することができるのでしょうか。

EDが起きる要因としては、血行の悪さ・ホルモンバランスの乱れが考えられています。つまり、これらを正常に保つことで、EDの発症を抑えることができるのです。

また、生活習慣病によりEDが誘発されることもありますので、健康に配慮しなければなりません。糖尿病や肥満、高血圧や動脈硬化などが危険因子として挙げられます。

そのためにも、積極的な運動や、健康的な食生活、ストレスの解消などが重要です。食事のバランスに気を配り、足りない栄養をサプリメントなどで補うようにしましょう。悩みを抱えている場合は、カウンセラーと会うなども有効です。

EDを発症したということは、体や心に何らかの問題を抱えているということです。ED治療の中で問題を見つけることができれば、厄介な病気の予防や早期治療を行うことができます。健康に良くない生活習慣を持っている場合は、生活を見直すことでED改善が期待できるでしょう。

以下で、分かり易いEDの対策や対処法を説明していきます。

運動不足の解消

運動が足りない状態では、筋肉が落ち、血行も悪くなってしまいます。EDの要因の一つで、やせ型と肥満型では、肥満型の男性の方が1.7倍もEDのリスクが高まるとされています。

運動不足を解消することで、ED症状の改善が期待できます。日常生活にジョギングや散歩など、血行を良くする有酸素運動を取り入れるようにしましょう。有酸素運動だけではなく、筋肉トレーニングの無酸素運動も一定の効果があります。

有酸素運動は、ダイエットのためだけではなく、全身の血液循環に役立ちます。血流が良くなり、ED症状が改善していくと考えられています。

スクワットなどの下半身を鍛える筋肉トレーニングは、血行を良くし、ホルモンバランスを整えるために役立ちます。充分な勃起のためには、平滑筋を鍛えなければなりません。意思で動かすことができないため、鍛えるためにはホルモンバランスを整えることが重要です。

しかし、負担が大きすぎる運動は避けるようにして下さい。運動自体がストレスになると元も子もありません。自分のペースで、負担なく続く程度の運動量に留めるようにしましょう。

食生活を大切にする

生活習慣を見直す際に、自分の食生活について考えてみましょう。脂質やカロリーが多すぎる、味付けが濃すぎるといった食習慣は、ED改善のために避けるようにして下さい。

例えばファストフードやラーメン、揚げ物が好きな方は注意が必要です。こういった食事は脂質・油分・塩分が多すぎる傾向にあり、血流を悪くする原因となります。ED改善には、ヘルシーな和食がおすすめです。

食品としては、きのこや豆、海藻、魚介類を積極的に食べるようにしましょう。海藻やきのこには、ミネラル成分が多く含まれており、さらさらの血液に導いてくれます。

神経伝達物質もたんぱく質でできており、これらを作るのに豆や魚介類が必要です。お酢、日本茶といったものも、血行を良くする効果があります。

これらの食材は和食に良く使われており、自然に摂取することができます。日本人の原点が、ED改善の鍵ともいえるのです。

しかし和食とはいえ、煮物やお漬物には注意しなければなりません。醤油を多く入れすぎたり、お漬物を食べすぎたりすると、塩分の過剰摂取になりかねません。また、煮物には砂糖も使われているので、糖分の摂り過ぎが心配です。白いご飯も美味しいものですが、適量に留めるようにしましょう。

昔から、腹八分目が健康に良いと言われています。満腹感を求めるのではなく、適量を美味しく食べることが大切です。

不健康な習慣を見直す

不健康な習慣を見直す

運動不足なら運動を、深酒をし過ぎているならばお酒を控えるといったように、悪い生活習慣を取り除くことで、EDの症状が落ち着くことが期待できます。

食事が偏る、お酒の飲み過ぎ、タバコ、運動不足といった悪い生活習慣は、EDを引き起こすと考えられています。中でも、肥満とEDは切っても切ることができません。重度の肥満になる程、EDになる確率が高いという研究結果もあるのです。

タバコの有害物質ニコチンもまた、血流を悪くし、EDの原因となり得ます。ニコチンはEDを発症させるだけでなく、勃起時の硬度が低下したり、持続時間が短くなったりといった影響も持っています。

EDを発症してしまった方、予防したい方問わず、これらの生活習慣を見直すことで、改善や予防に繋がります。バランスの取れた食事と禁煙、ジョギングや水泳などの有酸素運動を取り入れましょう。有酸素運動は血行を良くするため、EDの改善や予防に効果が見込めます。また、筋力トレーニングも無駄ではなく、男性ホルモンの分泌を促してくれます。

さらに、適度な飲酒はEDに効果があるとされています。特に赤ワインなどに含まれているポリフェノールは、勃起の維持に重要です。

飲酒がEDに良いとはいえ、飲み過ぎはEDの要因の一つです。あくまで「適量」に留めるようにし、一週間に2日程度は肝臓を休めるようにしましょうちなみに厚労省は、適度な飲酒とは1日に純アルコールで20gまでとしています。およそビールの中瓶1本に相当し、日本酒であれば1合、酎ハイであれば350mg位の量にあたります。

サプリメントの使用

EDの改善には、バランスの良い食事が欠かせません。

ED予防には、亜鉛やポリフェノールが重要です。亜鉛を含む南瓜や牡蠣、アーモンド、ポリフェノールを含むチョコレートや緑茶などを積極的に食べるようにしましょう。亜鉛とポリフェノールは、テストステロン(男性ホルモン)が豊富です。テストステロンは精液を作り、勃起に必要不可欠です。

毎日が忙しく、食事のバランスはおろか、外食ばかりという方も多いことでしょう。そんな方は、サプリメントを取り入れることも一つの手段です。

亜鉛やポリフェノールは勿論、マカやアルギニン、シトルリンなども、男性機能に必要です。マカにはビタミンが多く含まれ、アルギニンやシトルリンは血行を良くしてくれるのです。

サプリメントは薬ではなく、あくまで「健康補助食品」です。飲めばすぐ効果が現れるというものではなく、飲み続けることが重要です。

サプリメントは、飲めば飲むほど効果を得られるものではありません。必要のない分は蓄積されず、どんどん体内から出て行ってしまいます。様々な会社がサプリメントを販売していますが、同じ成分でもその含有量は、会社によって変わります。

サプリメント購入の際は、自身が必要な栄養を見極め、会社ごとの含有量を見比べてから購入するようにして下さい。

カウンセリングを受ける

なにか心に負担が掛かっていると感じる場合は、カウンセリングを受けてみましょう。うつ病やストレス由来のEDを「心因性ED」といい、カウンセリングが効果的だとされています。

仕事の悩みや、パートナーとの関係、以前の経験から来るトラウマなど、心に抱える問題は人それぞれです。カウンセラーと一緒にそういった問題を導き出し、一歩ずつED改善に近づいていくことができます。精神科のハードルが高いと感じる場合は、泌尿器科やED専門クリニックでもカウンセリングを受けることができます。

カウンセリングは幾度かに分けて行われますので、通院の時間を捻出しなければなりません。また、自分と合うカウンセラーを見つけることも重要です。助言より話を聞き、理解を示してくれる人を探しましょう。合うカウンセラーと出会うことができたら、自身の認識していないストレスなどをあぶり出すことも可能です。

そのためには、カウンセラーがいる病院を探し、情報を集めた上でしっかりと見極めるようにしましょう。それでもなお症状が治まらない場合は、薬とカウンセリング両方を用いて治していくことになります。

悩みから解放されてポジティブに

増大サプリは、ペニスを大きくするだけが目的ではありません。体に優しい成分で作られ、勃起の維持や感度を上げる、より健康になるといった、性生活全般を助けてくれるものなのです。

ご紹介しているサプリメントは、医薬品工場の厳しい管理の下、作られています。信頼性と安全性を兼ね備えているため、心配なく使用することができます。

ペニスのサイズを気にする男性は、非常に多いことでしょう。陰茎の血行が良くなれば、EDの改善や予防のみならず、サイズが上がる可能性もあり得ます。

また、ペニスは腕や足と同じく、筋肉でできています。筋肉は使うことで、大きくすることができます。しかし、他の部位が使わなければ衰えるように、ペニスも性行為に使わなければ衰えてしまうのです。

ペニスを鍛えるためにも、増大サプリを使用しながら、楽しい性生活を送るようにしましょう。服用するだけでペニスが大きくなると考えるのではなく、性行為の回数を増やす、ペニスのトレーニングも行うようにして下さい。サプリの効果がハッキリと分かるようになっていきます。

増大サプリ内に含まれるシトルリンやアルギニンもまた、筋肉量の増加を助けてくれます。1回限りでやめるのではなく、挑戦し続けてみましょう。 より良い効果を期待して、適量をこえて服用することは厳禁です。あくまで正しい使用法の下、服用するようにして下さい。